癌の転移や癌性腹膜炎は最新治療で|退散させタル

医者

転移を防ぐ治療

自然消滅を促す健康食品

Doctor

癌細胞は、正常な細胞と異なり寿命によって自然に消滅するということがなく、延々と細胞分裂を繰り返し、転移していきます。正常な細胞は劣化すれば消滅していくので、この性質の違いにより、徐々に体内では癌細胞の割合が高くなっていくことになります。それにより体のあちこちの機能が衰えていき、最終的には生命を維持することができなくなるわけです。 したがって癌は、従来は手術で癌細胞を物理的に除去したり、放射線で転移を抑えたりするという方法で治療されていました。昨今ではそれに加え、癌細胞の自然消滅を促すことのできる健康食品での治療もおこなわれるようになってきています。具体的には、フコイダンという海藻類に含まれている成分から作られたドリンクやサプリメントなどを飲むという治療です。

転移や再発防止のために

健康食品では、体内の癌細胞を全て自然消滅させることまではできませんが、ある程度減らすことは可能となっています。そしてそれにより、癌の治療は進めやすくなりますし、長引きにくくなるのです。 具体的には、癌細胞が少なくなれば、それだけ腫瘍が小さくなるということですから、手術しやすくなります。腫瘍が大きすぎたり複雑に食い込んでいたりする場合には、手術自体ができないこともあるのですが、それが可能になるケースもあります。 さらに手術後も健康食品による治療を継続することで、体内に残った癌細胞も少なくなっていきます。すると別の場所への転移が防がれるようになりますし、さらにはその後の再発の可能性も低くなります。 そのため昨今では、転移や再発防止のために、手術とあわせて健康食品による治療をおこなう医療機関が増えてきています。