癌の転移や癌性腹膜炎は最新治療で|退散させタル

医者

治療のあれこれ

ステロイド剤を使用します

Doctor

胸腺腫瘍は多くの場合、手術による腫瘍の摘出が行なわれます。ですが、腫瘍が他の臓器に浸潤しでいたり、放射線療法が効かない場合にはホルモン剤を使用したホルモン療法が試みられることもあるのです。こういったホルモン療法では、ステロイド剤が主に使用されます。胸腺腫瘍の治療を受ける場合には、呼吸器外科などを受診します。 胸腺腫瘍は、比較的症例の少ない病気です。そのため、治療を受ける場合には治療実績のある医療機関や専門医を探す工夫が必要になります。がんの相談窓口などを利用して、ホルモン治療にも対応出来る医療機関を探すことが大切になる訳です。合併症の多い胸腺腫瘍の治療の場合には、他の診療科との連携が整っている総合病院が適しています。

治療中の体調管理が重要なのです

胸腺腫瘍に罹患した場合には、後に重症筋無力症などの他の病気を併発することがあります。こういった病気を発症すると、時に日常生活にも支障をきたすようになります。腫瘍の摘出手術を行なう場合にも、麻酔時の呼吸管理などが重要なテーマとなってくる訳です。また、胸腺腫瘍は血液の病気も合併することがあります。こういった場合にはかなり特殊な治療が必要になるため、血液専門医の診察を受けることも求められてきます。 こういった様々な合併症のリスクがある胸腺腫瘍の治療中は、常に体調には気を配ることが大切になります。定期的なチェックを怠らないことが、スムーズに治療を進めていくコツなのです。医療機関を選ぶと共に、自身の姿勢も重要となります。