癌の転移や癌性腹膜炎は最新治療で|退散させタル

医者

食道がんの治療

食道がんのステージ別の治療

Doctor

食道がんにおける治療方法は現在ではそのステージに合わせて変わります。ごく初期の段階で粘膜にがんがとどまっているときには食道を切除せずに温存する内視鏡を用いた切除術が行われます。なお、症状によっては併せて放射線治療が行われることもあります。それよりも進行したがんであれば外科手術が標準的な治療方法となります。もちろん手術に耐えることができる体力があると判断された場合で、そうでないと医師が判断したときには化学療法による治療が行われます。さらに進行したステージにおいては外科手術による治療が困難となります。その場合には化学療法による治療と放射線を用いた治療がメインとなり、痛みを緩和させる治療も重要なこととなります。

治療の今後について

食道がんは他のがんと同じように早期発見が非常に重要となります。ごく初期の段階であれば食道を切除せずに根治を目指すこともできます。一方で外科手術が必要なステージの食道がんに対しても外科手術を行う前に行うことがある補助的な化学療法の内容についてより最善な方法が検討されています。補助的な化学療法に加えて放射線治療の導入なども検討されています。なお、食道がんにおいては手術を終えたあとに合併症を発症している割合が他のがん治療と比べて多いというデータもあることから手術前におけるしっかりとした説明と同意が非常に重要であると言えます。つまり、患者第一に考えた治療を医師がチームとなり考えていくことが大事となります。