癌の転移や癌性腹膜炎は最新治療で|退散させタル

医者

治療に関する疑問

高額な費用が特徴です

Doctor

腹水や痛みといった様々な症状が現れる癌性腹膜炎は、一般的な治療では中々回復が難しい病気です。医療機関でも腹水を抜くといった対症療法的な治療に留まることが多く、体力を低下させる大がかりな手術や抗がん剤治療は行なわないのが一般的と言えます。このような場合に現在期待がもたれているのが、様々な免疫療法です。 免疫療法は現在一部の医療機関でのみ行なわれており、治療費は非常に高額となります。健康保険の適用にはならないため、全額自己負担で治療を行なうことになるのです。ある免疫療法の場合には、数回の治療で費用は約180万円となります。加入しているがん保険によってはこういった免疫療法が保障の対象となる場合もあるため、確認しておくと役立ちます。

様々な効果が期待されています

癌性腹膜炎の場合には、体力面でもかなり衰弱していることが多いです。免疫療法は、そのような状態でも問題なく治療が出来る点が人気を集めています。簡単な採血と点滴で治療が完了するため、体力を失うことなく積極的なアクションが起こせる訳です。癌性腹膜炎を起こしている体の状態を、より良く導いていける可能性が免疫療法にはあります。 また、免疫療法は免疫力を高める効果も期待されています。従って治療が難しい癌性腹膜炎の状態の場合にも、本来体に備わっている自然治癒力を発揮出来る可能性があるのです。がんによって抑制された免疫システムが目覚めることで、予想外の効果が現れてくることもあります。こうしたことから、免疫療法を他の治療と併用するケースも増えているのです。

転移を防ぐ治療

Doctor

癌細胞は増殖と転移を続けていくので、昨今では手術や放射線での治療に加え、癌細胞を自然消滅させる健康食品での治療もおこなわれるようになっています。手術の前におこなっておけば、腫瘍をある程度小さくすることが可能です。

Read More